育休制度の在り方

11月20日(火)の臥竜塾の報告をさせていただきます。

先に報告が大変遅れてしまったことをお詫びいたします。申し訳ありません。

 

 

では、今日の夕飯メニューから

 

 

今日は塾長に用意していただいたハンバーグ

IMG_6600

 

 

そして山下先生考案、柿崎先生調理のさつまいもと人参のグラッセ

IMG_6601

 

そしてそして!田崎先生が長崎のお土産として持ってきてくれた

IMG_6599

 

こちらクジラ肉!

脂がのっていて、とても美味しかったです。

 

デザート、その前に、いつも塾のご飯をおいしく作って下さっている。柿崎先生、、、

IMG_6604

お誕生日おめでとうございます!

柿崎先生のこれまでを少し振り返ったりして、盛り上がりました。

 

そして、塾の話題はニュース番組のとある問題へ、、、

「保育園入れなかった、日本死ね」

この言葉、耳に残ってますよね。2016年に話題となったこの一言、待機児童問題がわが身に降りかかった親の声でした。

そんな言葉があった中、2018年のニュースには「保育園、落選狙い」というワードが上がってきました。

保育所に落選して子どもが預けられない状態になった際の救済措置として設けられた育休の延長期間。この制度を逆手にとって(上手く使って?)あえて保育所に落選することで育休期間の延長を獲得しようという親が増えているようです。

職場復帰の際に子育てに寛容的でない、ゆとりを持てない職場環境があったり、親が自身での子育てに専念したいという気持ちが根底にあるようです。

しかし、「落選狙い」であっても当選してしまう場合もあり、本当に保育所に預けたい親からすると下手に倍率を挙げてしまう迷惑な行為となってしまいます。また、自治体にとっても落選狙いの申請書は目を通して審査しなければならない書類であるため、非効率な作業といえるでしょう。こうなると制度の在り方が疑われてくるところですが、自治体によっては入所申請書に「入所の内定を辞退する」といった項目を用意し、落選狙いの親の意向を認め、必要な人に必要な援助ができるよう工夫しているところもあるようです。

 

これらの問題の背景として育休制度の根本的な考え方の問題があるのではないかと議題は進んでいきました。

子育てに先進的と言われているヨーロッパ各国では3歳、もしくはそれ以上の育休期間を取得できる国もあり、また与えられた育休期間を必要に分割して利用できる国もあるようです。

そして、「そもそも育休期間でも子どもを園に入れるようにするべきだよね」という塾長の言葉に、乳幼児から集団で子育てをする人間の起源を改めて考えさせられました。

親の仕事の様子、子どもの成長によって家族の在り方、過ごし方は変わっていきます。その時その時で必要な時間はその家族にしかわかりません。社会がそれを認めていくこと、すべての家庭が選択的に、本当に必要として、育休期間を取得できる保障をしていくことが「働き方改革」を進めていく一手へと繋がっていくのではないか、そう考えさせられる時間となりました。

ただニュースで報道された問題を目にして「そんなことが世間では起こってるんだなー」と他人事にしてしまったり、今与えられている政策に対して疑問を持たないことが多かったのですが、その理由はなにか、その根底には何があるのかと考えを巡らせ、自分の中にある知識と結び付けていくことが深い学びへとつながるのだと教えられました。

 

報告が遅くなってしまったことを重ねてお詫びし、今回の塾報告を終了いたします。

 

報告者 松元泰志

韓国報告と保育の質の高め方について

今回の臥竜塾は、塾頭も参加できたので、久しぶりのフルメンバーでの塾でした。

そんな中、今回は以前に韓国へ保育園の見学に行った西村君の報告から始まりました。

韓国の保育園は保育料を無償化したことで、とても分厚いマニュアルによって統一化されマニュアルに沿った考えで保育運営をすることで補助金が出るという考え方になったということでした。そしてそこには保育園や、幼稚園も関係なくそのマニュアルに沿って保育をしていくという事でした。つまり、国から発行されているマニュアルなので、それに沿えない園は補助金が下りないという制度に変わったそうで、保育の質が高いマニュアルであればとても合理的な考えだなと感じました。そのマニュアルに書かれているのかはわかりませんが、見学した園の中に「本棚の横には必ずソファが置いてある」「大きめのブロックがおかれている」「音楽ゾーン」「ごっこゾーン」「プロジェクトによって保育を深めていく」などなど共通点がたくさんあったという事でした。それぞれの園がすべて同じというわけではなく、その中で園の個性や特徴が表れていて、環境などは違いますがマニュアルのあり方などがなんとなくドイツで見学したミュンヘンの「バイエルン」という指針のあり方に似ているなと感じた報告でした。

西村君の韓国報告

西村君の韓国報告

現在、日本でも様々な保育について話し合われていますが、「日本の保育の質をどう高めるか」という事について考えました。例えば、ただ「自発的な子」としてしまえば、昔は自発的に兵隊に行く子を育てていた。という例もあった中でどうしたら質が高められるか話し合いました。「保護者が望む質の高さと、保育者が考える質の高さの認識が違っているのでは…」という意見も出てきました。保護者が園に望むものは様々ですが、実家が保育園で後々実家に戻って保育をしやすくするためには、塾長は「こういう保育をした方が子どもにとって良いという保護者の認識を変えていきたい。今現在も保護者の要望として、英語や体操教室をとりいれてくれという声が多いが、調査によると小学校に上がるにつれてあまり良い結果が出ていない、という研究結果が出ている」と話していました。上記に書いた韓国は法律として変えていったという事でしたが、日本でも指針を創る人たちは分かっているはずだが、表し方が難しいのでは・・・。そのためにも現場からの発表や研究が大切。そして、保育の場合は結果が表れるのが何十年後となり結果が見えにくい。結果が出たすぐの学年がフューチャーされがちになってします。「こんな保育をしているからこんな子に育ちます」という研究報告が保護者や外部への発信が必要、という話にまとまりました。

確かに英語や体操などもできた方が良いとは思いますが、将来何十年もある子どもたちにとって、幼児期にしか学べない様々な事の重要性を発信していく必要があるのだなと私自身感じた今回の塾でした。

そして今回のメニューは、豚キムチ丼温玉添え、さつま揚げ、なめこのみそ汁でした。

塾長は辛いのがあまり得意ではないのですが、豚キムチ丼に温卵を添えることでまろやかになることで大丈夫だと思い、以前の塾で半熟卵を完璧に作っていた森口君に温卵を作ってもらう事にしました。そしてここから事件が幕開けしました・・・。

「前回成功させてるから大丈夫っすよー!」と自信満々に引き受けてくれた森口君は、先ずスマホでレシピを調べて、その通りに作り始め数十分後に「できましたー!」と声をかけてくれました。すべてのものが作りあがり丼にご飯、豚キムチをのせ、温泉卵を割ったところ、うっすら白くなった状態の生卵が出てきました(笑)「えー!?何でー!?」と言っていましたが、そのまま「豚キムチ丼生卵添え」という事で美味しく頂きました(笑)そしてデザートはスーパーで安かったパイナップルを食べたのですが、これもなかなかすっぱかった今回の夕飯でした(笑)   (報告者 柿崎)

本日の夕飯

本日の夕飯

すっぱいパイナップルと以前頂いた狭山茶

すっぱいパイナップルと以前頂いた狭山茶

「コメント」でつながっている

12月9日(火)の生臥竜塾
 
 本日の塾は、今日から2日間見学実習中の聴講生2名とともに始まりました。見学実習のテーマは「人の動き」ということで、職員の動きを中心に見ていきたいとのことでした。まず、1日見学実習しての感想を2人から聞きました。
 
M氏
  • 子どもが中心ということは知っていたが、実際に園を見て本当に無理がない様子でギスギスした感じもなく、その雰囲気が園全体にもある
  • 職員みんなの“子ども中心”があるからあの雰囲気なのかなと思った
  • とても心地良かった
B氏
  • せかせかしてない
  • 子どもに合わせている
  • 自分たちはどうなのだろうか、頭の中にあるものをはめ込もうとしてしまっていなかを考えてみた。
 
 などなど、2人は別のクラスに入ったにも関わらず、同じような感想を持ったところに、理念の共通理解があることを確認できました。また、個人的にも「子どもが主体であるので、目安はありますが当然毎日昼食の時間はバラバラです。」と話をさせて頂いた時にも、時間に追われることなく保育に取り組めるような柔軟な体制・環境を“チーム保育”や“理念”が可能にしているのだなぁと改めて感じました。
 
 また、私から今年のGTセミナーで発表した「ドイツ報告」を、この場でもされて頂きました。ドイツ報告のテーマとして選んだのが「ドイツの保育における意図性」です。私がドイツ視察研修に行ったことで一番抱いた感想が「これでもいいんだ〜」「こんな意図があるのか〜」です。まさに、多くの固定観念を打ち砕く機会になり、非常に刺激的な経験ができました。どの園でも言っていた「主体性・自発性・自立」を促すための保育を、実際の職員はどのような意図性を持って取り組んでいるのかといったことに着目した報告を作成したつもりです。計45分間、早口になってしまいましたが、少しでも「これでもいいんだ〜」「こんな意図があるのか〜」を感じてもらえていたらと思います。
 
 そして、今回参加した聴講生の1人が結婚をするということで、外部塾生を含めた臥竜塾生による結婚おめでとうサプライズムービーを流しました。内容は「笑点」をもとに、「こんな保育士は素敵だ!」をお題に大喜利をしたり、「結婚」をお題に謎掛けをしたり、最後にお祝いメッセージを伝えました。外部塾生を含め、私たちはお互い遠いところにいますが「臥竜塾ブログ」のコメント欄という場でつながっています。塾長がよく「コメントを読んでいるとその人の性格が伝わってくる」と言っているように、実際に会わなくても毎日会っているような感覚にもなります。これからも、一緒に「臥竜塾」で学んでいきましょう!
 
 ということで、毎日のレポート(コメント)を提出している本日の聴講生2名は、「外部臥竜塾生」として、今後は活躍してもらうようになりました!
 
「笑点」をもとにしたお祝いムービー

「笑点」をもとにしたお祝いムービー

外部塾生 kuma8monさん kuma6monさん

外部塾生のkuma8monさんと
kuma6monさんも出演

 
 最後に本日のメニューです。
 今回は、お祝いもあったので「手巻き寿司」を食べました。また、島根からのお土産ということで、山陰浜田特産の「赤てん」も頂きました。ありがとうございます!そして、湯葉と三つ葉のお吸い物といった感じで、本日も楽しい美味しい食事となりました!
 
「赤てん」

「赤てん」

本日のメニュー全体写真

本日のメニュー全体写真

 
Mさん、ご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに…!
 
(報告者 小松崎高司)