研究紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

 私たちは、子ども達に日々の遊びを通して、様々な事を学んで欲しいと思っています。ここでは、塾生が考えた手作り玩具や、見学先で学んだ玩具を参考にアレンジした玩具などをを紹介する場です。
良かったら参考にしていただけたらと思います

文字・数・科学・食育

学びの時間〜ペットボトルとひかり〜

先日行った学びの日の実験の内容を紹介したいと思います。
この日は別の実験をする予定で準備をしていました。しかし、朝、階段を登っていると
ちょうどいい太陽の光が差し込んでいることに気がつきました。
これで何かできるかもしれないと思って、ペットボトルを太陽光にかざすと
光がペットボトルにあたり屈折し、輪っかのような形が壁にうつりました(
うまく表現できなくて申し訳ありません)。
その現象がなんだかおもしろく、「よし今日の実験はこれにしよう」ということにして、
子どもたちと実験をはじめることにしました。


実験をはじめる前、どれくらい子どもたちが楽しんでくれるかなと少し不安があったのですが、結果的に50分近くこの実験を楽しみました。
ここまで盛り上がると思っておらず、改めて子どもたちの凄さに驚かされたのと、
指導計画ってなんなのだろうと考えさせられました。
こんな子どもたちの姿なんて計画できないというか。
やはりやってみないと何もわかりませんね。藤森先生も指導計画ではなく、援助計画であるべきというお話をされますね。

OECDが出したエデュケーション2030の中で、変革を起こす資質・能力を獲得するためにはAAR(見通し、行動、振り返り)という連続した学習過程を通して身につけていくことが重要であると示されました。ある程度見通しを持ったら、まずやってみる、そして、そこで間違えがあればその都度修正していくということをまさに子どもたちはいつもやっているということをこの実験の姿からも感じました。
そして、そんな子どもたちの姿を育むためにも大人の見守る姿勢が大切で、その姿勢が子どもの主体性を守っていくのだと感じました。
改めて見守るというのは教育の本質的な態度であると感じます。ただ、見ているだけなんてそんなことは全くありません!!しれば知るほど、その奥深さに驚きます。

子どもたちの姿に戻っていきます。
ある子から「水を入れてみたい」という提案がありました。実験では大人も一緒に楽しむことを大切にしています。私がみんなに教えている立場ではないということを意識しています。なので、子どもたちからの提案は基本、どんどん「よしやってみよう!」というようにしていますし、一緒になって驚き、感動したいなと思っています。また、なんとなく結果がわかっている時でも「やってみよう!」なんて言うのですが、おもしろいことに、自分が想像していない展開になることも多く、大人の考えていることなんて本当に大したことないというか、枠からはみ出せないなと思ってしまいます。

またある子は「石鹸を入れたらどうなるかな?」と言って、ペットボトルに水と石鹸を入れて光に当てていました。一瞬「え?石鹸か〜」なんて思ったのですが、水よりも屈折が弱くなるのでしょうか、また違った反射が見られ、不思議がっていました。やはり大人(私)の思っていることなんて大したことなかったです笑。

画用紙は私が用意したのですが、その上でコロコロ転がしてずっと変化を楽しんでいる子もいましたし、絵本ゾーンに水の入ったペットボトルを持っていき、それを通して絵本をみると文字が大きくなることを見つけた子もいました。


そこからはまたおもしろくて、いろいろなものを見てはその不思議さに驚いていました。水の入ったペットボトル立てて、後ろから鉛筆をみると鉛筆が曲がっていることを発見したり。
こんな感じて、どんどん子どもの発想が広がりあっという間に時間がたっていました。この学びの時間は、ある程度時間が長くあるので、子どもたっぷり実験をすることができるのがいいなと思っています。飽きるまでできます笑。

 

そして、子どもによってこういう体験が好きなこと、そうでない子がいるということも感じます。藤森先生がいつも言われますが、まさに教育というのはそれぞれが持っているものを引き出す、伸ばすものだなと感じます。
その可能性を様々な体験を用意していくことで引き出していくことが私たちの役割でもあるなと改めて感じました。

そのほかの実験もまた紹介していけたらと思っております。

報告者 森口達也

学びの日

新宿せいが子ども園では毎週火曜日が「お手伝い保育」の日になっています。
ちっち組(0歳児)、ぐんぐん組(1歳児)、にこにこ組(2歳児)、すくすく(一時保育)、職員室にそれぞれ年長さんたちが分かれて各クラスで日中を過ごすという日になります。

そんなお手伝い保育の日の配属クラス(クラスというのも変ですが)に、今年度から「学びグループ」というのが追加され、私がその担当をさせてもらっています。

この学びグループは何をするかというと、まずは科学実験を行います。そして、その後に、全国の年長さんとオンラインで交流をします。
科学についても園での取り組みをさらに充実させたいと思っているので、とてもいいきっかけになっていますし、子どもの発想から思っても見なかった方向に実験が進むこともあってとてもおもしろいです。

オンラインでの交流はzoomを使って行われます。近くにいる人と交流するには会いにいくということが一番だと思いますし、私たちもzoomが使いたいからこのような交流をしているわけではありません。「zoomを使うことで、普段会えない人と繋がることができるよね」という園長先生のアイデアもあり、この取り組みが生まれました。
そして、この交流で大切にしているのが、子ども同士の交流です。大人と子どもではなく、子どもと子ども。これは藤森メソッドでも大切にしている考え方の一つですね。

これまで長崎、熊本、大阪のみなさんと複数回に渡って交流してきました。来週は宮崎の園さんとの交流が予定されています。そして、再来週はシンガポール笑。

少しお手伝いという目的からは離れるのですが、いい意味でも設定保育にもなっているのかなと思います。実験での子どもの様子、オンラインでの子どもたちの交流の様子で興味深い姿がいくつかあったので、少しずつこれから紹介していきたいと思います。

まずは、プロローグでした!笑

森口達也

 

ドイツ報告2014-13

2019/8/13

子どものロッカーに何か貼ってあります。

「つくりとちゅう」「おうちにもうてかえるもの」

下の段の子も

2014年7月6日『ドイツ報告2014-13』の中でこう書かれています。

「小さな研究者たち」という取り組みをしている園で、科学実験を体験してみて、こんなことを感じました。科学というより、研究という分野は、驚き、好奇心、工夫、観察、創造という内容を包括したものであるとしたなら、幼児教育そのものかもしれないということを感じました。それは、この園の様々なところに置かれている「モノ」という環境からも感じることができました。それは、保護者達が作ってくれたというハウス・フェア・フォルシャー(研究者たちの家)の内部を見たとき、研究ということの確信が持てました。
 例えば、私たちが用意する制作ゾーンでは、「発明品を制作する」と考えれば、科学ゾーンになるのです。

子どもたちなりの工夫が生まれるのも、ゾーンという環境の力だと思いました。

(報告 加藤)

自己評価2020

ご存知の方も多いと思います。「自己評価」です。

今年も例年のように年長さんが給食の後片付けを行い、全てが終わった後に先生から

「何を頑張りましたか?」と聞かれ、自分が頑張った項目を伝えると、

それに応じたシールをもらうことができ、それを自分専用のシール台帳に貼っていきます。

 

この取り組みを始めて、もう8年くらいになるかと思います。

それまでに色々なドラマがありました・・・。

 

子ども達の中には、どうしてもシールを多く集めたいという思いがあり、

友達が貼ってあるのをバレないように剥がして、自分の所に貼ってしまう子がいました。

それに対して、他の子どもが言った言葉が印象に残っています。

 

「俺たちは別にシールのためにやってないし!」

 

そもそもなぜ掃除をするのか??

私は、それを子ども達には日頃から伝えているつもりでした。

シールをもらうためではなくて、汚れている部屋で食事はしたくないから

掃除をする。そのプロセスの中で自分が頑張ったものを教えて欲しいですと・・・。

その男の子が言った一言で、私の伝えたかった思いが実った瞬間でした・・・。

 

去年の出来事です。

シールだと剥がれて落ちてしまうので、ペンで塗ることにしました。

最初は順調にそれぞれが塗っていましたが、半年過ぎると明らかに、

ずば抜けて多い子どもが現れました。

それと同時に「今日は塗りたくない・・・」という子ども現れたのです。

よくよく話を聞いてみると、どうやらずば抜けて塗っている子に、

自分の所に塗って欲しいと言われたそうです。

それがだんだん嫌になってきた「塗りたくない」と言ったそうです。

このエピソードのオチはまた別の機会に・・・。

 

さて今年はどうしようか?と年長の担任と相談した結果、

今年はこの形式に!

3つのグループごとにファイルを用意しました

一人1ページ表と裏があり、シールを貼っていきます

 

今年も始まったばかりで、年長の子ども達も憧れの雑巾掛けに、いつもテンションマックスで取り組んでくれています。

さて、今年はどんなドラマが待っているのか・・・楽しみです!!

(山下)

冷却するこつ

2016年3月15日『冷却するこつ』の中でこう書かれています。

よく、保育で「心情・意欲・態度」ということが言われます。保育所保育指針には、「子どもの発達は、子どもがそれまでの体験を基にして、環境に働きかけ、環境との相互作用を通して、豊かな心情、意欲及び態度を身に付け、新たな能力を獲得していく過程である。」と書かれてあります。発達というのは、豊かな心情、意欲、態度をみにつけることで、新たな能力を獲得していく過程であると定義しています。また、幼稚園教育要領には、「ねらいは, 幼稚園修了までに育つことが期待される生きる力の基礎となる心情, 意欲, 態度などであり,」と書かれています。これによると、ねらいを達成するために指導する事項が保育の内容であるとしています。

そこで、園現場では、子どもたちに自ら取り組むための心情、意欲、態度をどのように身につけるか、活動するかを考えます。また、子どもたちが、活動の中でいかに意欲を持ち、進んで行ない、その活動に熱中するかを計画します。

2019/7/25 配膳の前の時間

望遠鏡を作った、と見せにきてくれました。

こちらも

トイレットペーパーの芯とカラーセロハンの組み合わせですね。

「私もできたよ」

紙を組み合わせて大きな迷路を作ったようです。

製作ゾーンという環境が子どもたちの自ら取り組むための心情、意欲、態度を促していることが伺えます。このゾーンの充実を考えることは、指針に書かれている保育をすることと同意義であり、改めてこの保育が指針に沿った保育であることを感じます。

ブログには続きがあります。

しかし、園では、1日中子どもが意欲を持って、熱中できるわけではありません。なぜなら、どうしても昼食を時間が来たら食べなければなりませんし、ある時間になると片付けなければならない場面が出てきます。しかし、子どもたちはその活動に熱中すればするほど、その活動を中断しようとはしませんし、片付けようとはしません。では、心情を生み、意欲を育て、物事に取組む態度を付けることはできても、それをどのように止めさせればいいのかは、保育指針にも、教育要領にも書いてありません。ホットな刺激をクールダウンさせる必要があるのです。そのときのヒントが、マシュマロ実験の考察にはある気がします。

ミシェルは、マシュマロ実験を行なってみて、頭の中でどう刺激を表象するかを変えられれば、自制心を発揮し、私たちの行動をコントロールするまでになったホットな刺激の犠牲者という立場を脱せると確信したようです。彼は、ホットで魅力的な刺激を一変させ、認知的な再評価によって刺激の影響を「冷却」することができると言うのです。少なくとも、時折、特定の条件下では、そのこつは、条件を整えることになると考えます。歯を食いしばり、スパルタ式の難行苦行に耐えて自らを鍛え上げ、痛みをこらえる必要はありませんが、強い動機付けと最善の意図だけでは足りないと考えています。

必要な力は、前頭前皮質にあり、この皮質を活性化させれば、評価の仕方を変えて、ホットで魅力的な刺激を「冷却」する、ほとんど無尽蔵の方法を実現可能にしてくれます。前頭葉がまだ発達していない未就学児たちでさえ、おおいに創造力を活用し、素晴らしいお手本を見せてくれたのです。彼らは、自分が直面した誘惑を「ただの写真」に変え、頭の中で額縁に収めたのです。自作の歌を歌ったり、足の指で遊んだりして、自らの気をそらすことで、誘惑から自分の注意を完全によそに向けたのです。

ランチの配膳前、片付けの時間を合図する鐘が鳴ると、子どもたちがよく自分たちで造ったものを見せにきてくれると思っていました。

それはある意味では冷却するこつだったのかもわかりません。子どもたちにとって保育者とは、まさに人的環境であるのですね。

(報告 加藤)

父親保育2

2019/6/8 父親保育にて

拾った草花を貼り付けていきます

いいアイデアですね

絵を加える子も

2012年5月29日『父親保育2』の中でこう書かれています。

父親保育での計画は、父親たちの発想と、広い視野からと、遊び心など男性ならではのもので感心することも多いのです

新しいアイデアは、自分の枠組みの外にあるといつも感じます。

(報告 加藤)

行動

配膳の時間、いつもなら頼まれるエプロンの紐を今日は中々頼まれないなと思っていると、

2019/6/7 なるほど

声を掛け合いながら自分たちでやっていました

2018年7月11日『行動』の中でこう書かれています。

「幼児教育の基本は、環境を通して行うもの」であることも平成元年に幼稚園教育要領で示されたのですが、なかなか現代にそれが実現されていないのは、具体的な方法がわからないことが多いからでしょう。それは、過去から常に課題だったのでしょう。以前のブログでも書きましたが、日本でも実際の行動に移さなければ意味がないということから陽明学における知行合一という考え方があります。それは、「知識と行動はもともと一つである」ということです。どんなに尊いといわれている教えであっても、それを納得し、実際に行動に移して初めて意味あるものだということです。

それ以来、そのページを印刷して壁に貼って、その横に紐を結んで遊ぶ玩具を貼って、と環境を用意しました。

子どもたちの姿から環境が広がっていく、ということを実感します。

(報告 加藤)

葉の効用

2019/4/26 大型連休の影響で、子どもの日祭りはこの日に

菖蒲を浮かべた足湯に浸かっています

皆とても喜んでいました。

2007年5月5日『葉の効用』の中でこう書かれています。

柏餅を食べるときに、とてもよいにおいがします。緑にあふれた森林に入って行くと爽やかな空気が広がり、かすかな香りがします。この香りの正体は、フイトンチッドです。これは主に樹木が作り出して発散する揮発性物質で、主な成分はテルペン類です。このテルペン類を人間が浴びることを森林浴と言います。「病を得たら森へ行け」と言う言葉があるように、フィトンチッドは、人体に対しては有益で私たちの生活に「生活の知恵」として広く有用されています。柏餅や柿の葉寿司はフィトンチッドの抗菌作用や防腐効果を利用したものです。また、同様に、五月の節句の菖蒲湯はフィトンチッドの疲労回復と精神を安らかにする効果を生かしたものです。

行事を大切にすることは季節を大切にすることだと思いました。

(報告 加藤)

人形考2

2019/4/24 散歩先で大雨に

そんな中でも子どもたちは遊びを見つけます

落ちてくる水も子どもたちにとっては遊べる環境の一つなのですね。

降り止んだので遊びを再開

集めて、ままごと遊びにしているこれは

どんぐりの木、コナラの雄花です。

子どもたちを見習って、

作ってみました

2013年5月31日『人形考2』の中でこう書かれています。

自然にあるものは、子供たちは何でも遊びにします。「つくしの節のところにははかまがついている。そのある節をぬきはなして、もう一度さしこむと、どこで切れているかわからぬものである。そのきれたところをいいあてるあそびは、つくしつみに行った子たちが申し合わせたように行うあそびだ。」そのほか、ほうずきなど植物を使う遊びの中から、木や草にも深い愛情を持たせる動機になっていると宮本さんは言います。

子どもは、なんでも遊びの対象にします。植物だけでなく、小さな虫などは、子どもにとっては、楽しい遊び相手である者が多かったようです。カブト虫に糸をかけ、牛に見立てて耕作のまねごとをしたり、太郎蜘蛛にけんかをさせたり、せみとりなど遊びは多く、遊んだあとは、たいてい野に放ってくるのが普通だったようです。それは、「いじめたり殺したりするとたたりがあるとか、不幸なことがおこるとか信じられていた。」からのようです。それにしても、「これらの遊びが、子供たちに深い観察眼を与えたことは大きかった。」と宮本さんは書いています。

これらの遊びは、子どもたちにとっての大いなる学習であったことが、大人になって初めてわかります。

子どもたちの何かになっていたなら、嬉しいですね。

(報告 加藤)

乳児からの科学

ぐんぐん組(1歳児クラス)の子たちとの生活が始まりました。

西日の入る時間に

床はこんな感じです

透けて見える世界はどんなでしょう

2015年2月10日『乳児からの科学』の中でこう書かれています。

子ども向け絵本やおもちゃにも、想定される子どもの年齢が書かれてあることがあります。外国のおもちゃにも書かれてあることが多いのですが、その多くは、「3~99years」と広い幅で書かれてあります。しかし、絵本には書かれてあることはありません。それは、それぞれの年齢に、それぞれの楽しみ方があるからです。科学においても同じようなことが言えます。「Science Experiences for the Childhood Years」という本の中には、こんなことが書かれてあります。

 「2歳児でも、単純で感覚的な活動であれば、楽しんで行うことができます。うちわで扇いだり、風ぐるまを回したり、風の強い日には吹き流しをそよがすことで、空気が動いているのが感じられます。石の手触りや重さを感じたり、氷を触った後に溶けた水にも触らせてみましょう。金魚をよく見て同じように動いてみたり、畑でなっている果物や野菜をとって食べてみてもよいでしょう。大きな音や静かな音を聴いたり、色つきセロファンを通して、周りを全く違う色で眺めることもできます。」

 確かに、2歳児でもそのように科学の体験ができるでしょうね。そう考えると、もしかしたら、0歳児でもできるかもしれません。それは、特に認知的なものを学習するということではなく、不思議さを感じることが科学であるとしたら、他の年齢よりも乳児の方がより感じるのかもしれません。最近の研究で、乳児から量や長さ、数の概念ができるということがありますが、私は、赤ちゃんでも物事の道理がわかっている気がします。

ちっち組(0歳児クラス)の時のことを思い出します。

楽しい時間を子どもたちと、先生方と共有していきたいと思います。

(報告 加藤)

› 続きを読む