塾生紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

塾頭 山下 祐(やました たすく)

『ジャイアン』

普段はドSキャラを発揮して本多先生をはじめ他の臥竜塾生をいじめまくって高笑いしていますが、実は感受性がとても強く涙もろいという一面も!料理好きということもあり塾の際にみんなで夕飯を作ると、次第に包丁の技術が上がっていくことに驚かされます。何かを始める時には先頭に立って冷静に周りの状況を見極めながら舵をとってくれています。みんなのムードメーカーであり、みんながとっても頼りにしている我ら臥竜塾の塾頭(紹介文 柿崎)







柿崎 敬史(かきざき たかふみ)

『3度の飯より、お酒と睡眠』

遅刻のカッキーと言われ続けた柿崎氏。しかし今では保育園で遅刻の印象第2位となった!成長です。以前はホテルのコックを勤めていたが退職し腰掛けで新宿せいが保育園へ。腰掛けのつもりですでに7年目を迎えている。藤森先生と行く講演やドイツ報告、大舞台での挨拶などで色々と吸収している。更に職場の方々からにも見守られ誰よりも成長してきている柿崎氏。藤森先生曰く顔がはっきりしてきていると言われている。そんな柿崎氏は食育インストラクターの資格を取得し、毎月食育の掲示を更新している。…はずがやっていないため謹慎処分となっている。これからの柿崎氏はいかに…。(紹介文 本多)

本多 悠里(ほんだ ゆうり)

『取り柄は何もない』

そんなところから始まった電気屋の息子。きっかけは「新宿」という名前がついている保育園だからというところでした。しかし「いいところも、悪いところもない」そんな一見良くないこのように感じる特技を、藤森先生に「新しく何でも吸収できるということ」と見据えられ、見守る保育の道を進んできました。初めは何もできない彼に頼りなさを感じました。しかし、どんなことにも真面目に取り組むこと、自分には何もないと言いつつも、常に周りをサポートし続けること。そして保育や行事など、様々な事を通して、いじられ、失敗しながらも何にでも挑戦することで、いつしか周りから存在に。また信頼されること、挑戦することで、多くの事を学び、それを力に変えてきました。今では人に伝える、教えるという機会も増え、その存在はみんなをつなぐのに欠かすことのできない「リンクマン」となっています。結婚という人生の大きな転機を迎え、これからの見守る保育をいろんな人につなぐ存在として、期待されます。(紹介文 西田)

西村 宗玲(にしむら むねあき)

『平戸から来た恵比寿様』

〝仕事の楽しさが顔に出る〟という天賦の才を持つ。それは新宿せいが一、才色兼備でツンデレな保健の先生をも思わず笑顔にさせてしまう程・・・。健やかな環境の中で、趣味である盆栽のようにすくすくと育ち、GTメンズ会では「新人だから怖いものは何もない」と自信たっぷりに言い放つ。その場にいた人々を震撼させるも、その後のトークの展開で笑いにもっていくという話術は、藤森先生との出張、講演会に助手として付き添うことで積み重ねた彼の努力の賜物であろう。お酒を飲んだ時の幸せそうなふくよかな赤ら顔、大好きなアイドルが恵比寿にまつわることが恵比寿様たる所以である。「商売繁盛」「五穀豊穣」を新宿せいがにもたらす存在であることは、誰しもが疑わないところである。(紹介文 加藤)




加藤 恭平(かとう きょうへい)

『話・褒・熱の三冠王』

熱い•褒め上手•おしゃべりと三拍子揃った期待の2年目。人の良い所を見つけるのが得意で、それを本人が照れる程に伝えるべく、おしゃべりが止まらない。とにかく熱く、保育に限らず語りだすと止まらないマシンガントークの持ち主。それだけ自分の考えや色んな知識をしっかりと持っているが、その裏には、藤森先生のブログを毎日欠かさず読んだりと、勉強熱心な一面も兼ね備えている。2015年に念願の臥竜塾に入塾し、これから飛躍の年となるだろう。(紹介文 西村)

森口 達也(もりぐち たつや)

『原動力は読書とおはぎ』

何故か放っておけない不思議な魅力を持っています。「中途半端と自分の取り組みや行動に対して本人はよく言うけれど決してそうじゃない!色々なことに手を出すのはそれだけ探究心や好奇心が強いということの表れです。興味を持つ一つひとつが不思議と保育と結びついてしまうのは、それだけ保育に対して情熱を燃やし、保育についてのアンテナを常にはっているからに違いありません。豊富な知識を活かし、保育に取り組んでいますが、実は怖がりで心配性な一面があったりと、そんな可愛げのある所も兼ね備えた人物です。(紹介文 盆小原)

田崎 天悠(たさき てんゆう

『長崎県、琴海町から来たスーパースター』

小学校では全校生と6人、うち男性1人という環境で育ち、実家の目の前には海が広がっており、海の事ならなんでも聞いてくれとう海のスペシャリスト。18歳の若さで東京に飛び込み、新生活では電気、ガスの通っていない部屋での生活していた。初めての東京では携帯の電池が切れ、道がわからなく、土砂降りの中を新宿から家まで歩いた経験もある。生まれ持った生きる力は計り知れない。保育では塾長から「いい距離感で保育をしている」と言われるほど。子どもとの関わり方、見守る能力は超一流。とても真面目な性格で、先輩、後輩からの信頼も厚い。学生時代は野球部に所属し、上下関係には一段と敏感で、頼まれごとには「やれますっ」の一つ返事。塾長の印象を聞くと「意外と絡みやすい」と答え、社労士からの電話を「茶碗蒸しさんから電話です」と数多くのレジェンドをもつ。天然なとこもまた、その場に笑いを生むムードメーカーである人物(紹介文 横田)

横田 龍樹(よこた りゅうき)

『宮崎県、三股町生まれのハシビロコウ』

どんなことでもくじない強靭なハートの持ち主。子どもが大好きで、子ども達からも愛されてる保育者適正度◎。それでも「僕は子どもとの距離が課題です」と向上心に満ち溢れ、日々の保育を学ぶ姿勢には、みんなが一目置いている。大学院卒で、頭もキレるため、計算や事務処理系の仕事が集まってくるなど、着々と自分の立ち位置を確立しつつある。そんな横田氏だがイジりどころが満載で、常に笑いの中心になっているというギャップも持ち合わせている。彼の持つ頭脳と個性は新宿せいが子ども園にとって、なくてはならない存在である(紹介文 田崎)

松元 泰志(まつもと たいし)

『西郷の地より出づ、保育維新の立役者』

身長181cm。低姿勢。カゴンマ(鹿児島)が産んだボッケモン(冒険者)は、口を開けば笑いを生み、口を閉じれば眼光鋭く、つぶらな瞳で保育の本質を見つめ続けるショツノンゴロ(大酒飲み)に、ウンニャ、ギイガテヨカチゴ(義理堅い良い男)になっどじゃ!「塾長の教えを故郷へ」抱いた大志の気高さは、例えるならば桜島。元気があればだいじょっじゃ!チェスト!!キバレ!!!(紹介文 加藤)